沖縄県の宿泊施設の現状

先日、沖縄県の2017年の宿泊施設実態調査の結果が報道されました。

報道によると。宿泊施設軒数は前年比14・2%増の2082軒、客室数は同7・9%増の4万6068室、収容人数は同8・4%増の12万1403人となった。好調な観光需要を背景に施設軒数、客室数、収容人数ともに16年連続で過去最高を更新したとのことでした。

また、施設種別の軒数はビジネス・宿泊特化型ホテルが前年比28・2%増の259軒、シティーホテルが24・2%増の41軒となった。リゾートホテルは5・2%増の141軒だった。ドミトリー・ゲストハウスは18・4%増の302軒、ペンション・貸別荘は本部町や石垣市で新規開設があって26・9%増の637軒となった。旅館は廃業した施設があったため13・8%減の25軒だったようです。

市町村別の施設軒数は那覇市が最も多い271軒、次いで石垣市の258軒、宮古島市の234軒となった。本部町は161軒、竹富町は158軒、とのことです。

沖縄県では、2016年に県内の宿泊施設の需給の試算をしています。これによると、沖縄県が目標に掲げている2021年度の入域観光客数は1千万人、平均4泊が実現した場合との条件付きで、県の宿泊施設が1日8500室足りなくなるとされています。

この試算では上記の条件から平成21年度は、年間4千万人泊(延べ宿泊者数)となるとのことでした。1室当たりの宿泊人数を現状の2.5人と仮定した場合に年間に必要な客室数は1600万室となるとのことです。

これに現状を踏まえてホテルの稼働率を80%で収容するのであれば、年間2千万室、1日当たり約5万4800室が必要となるとの試算でした。

この試算が報道された年は2016年で、沖縄県内の客室数は2015年時点で約4万1千室で、2021年度までに合計で約46300室増えると見込まれていました。

ところが、2017年度で既に客室数は4万6068室を超えています。2021年度までにと仮定していた客室数を超えているので前倒しで必要客室数は確保されたとの印象です。

一方、当時のもう一つの仮定条件の入域観光客数は、2017年度で約940万人で1千万人に届いていません。また、平均宿泊日数が4泊を超えたとの話しはまだ聞いていません。

これら限定された仮定条件から推測すると、供給(客室数)が需要(入域観光客、平均宿泊数)をやや上回っているのが現状ではないかと推測します。もちろん、これからも入域観光客数が増えていけば、適正な水準と見込まれる客室数に落ち着くことも考えられます。

報道では未だ客室数が足りないとの報道が目立ちます。しかし、宿泊施設は建築の工期があるので需要を先取りするような形で建築が進んでいます。従って、これから宿泊施設の開業を目指して行く業者にはやや慎重な需要予測や集客戦略が必要になるのではないでしょうか。

 

口座開設や投資に関するご相談など

新着マネーブログ

沖縄県の宿泊施設の現状

先日、沖縄県の2017年の宿泊施設実態調査の結果が報道されました。報道によると。宿泊施設軒数は前年比14・2%増の2082軒、客室数は同7・9%増の4万6068室、収容人数は同8・4%増の12万1...

続きを見る
ブログ一覧

最新セミナー情報

7月Pocket Fundingオンラインセミナー開催のご案内【7月25日(水)】

平素からPocket Fundingを利用いただき誠にありがとうございます。この度はPocket Fundingオンラインセミナーを下記の日程にて開催いたします。開催日程:7月25日 水曜日開催時間:18:30~※30分程度を...

セミナー詳細
その他のセミナー情報