沖縄プロ野球キャンプ

 いよいよ2月1日よりプロ野球春季キャンプがスタートします。今年も2018年にリーグ優勝を果たした広島東洋カープを含む12球団中9球団がここ沖縄でキャンプインとなり、沖縄県民もチムワサワサ~(心が騒ぐ)する季節となりました。

 1979年に第一号として日本ハムが沖縄でキャンプを行い、82年広島、83年中日、87年横浜と増えていき、ピーク時は10球団がキャンプを行いました。2019年は1軍9球団、2軍以下6球団が沖縄でキャンプを行います。

2011年より巨人が加わったことにより観客も増え、2018年の経済効果は過去最高の122億8,800万円になりました。これは前回のマネーブログでもお知らせしましたが、沖縄サッカーキャンプの経済効果の約10倍であり沖縄の経済をささえる柱の一つに成長しています。

ちなみに2018年の沖縄春季キャンプでは参加選手(1軍から3軍)及び球団関係者は約1,000人・報道関係者は2,100人・観客数は延37万7,000人。その内県外からの観客数は約8万7,000人となりました。キャンプ情報を検索すると各球団が宿泊するホテルも確認することが出来、ファンとしては同じホテルか、できるだけ選手が利用しているホテルの近くに宿をとりたいようなので、近隣のホテルは予約が取りにくくなります。

 経済効果122億8,800万円を産業別にみるとやはり宿泊業が22億5,600万円とダントツであり、以下商業が15億5,500万円、飲食業15億200万円、製造業14億2,600万円となっています。

  このように沖縄県におけるプロ野球春季キャンプは一流選手の練習や試合を見学することで子供たちに夢を与えると同時に、多くの観客や関係者が来沖し消費活動を行い県経済に大きな影響を与えています。

  沖縄県ではプロバスケットボールやプロサッカーに対応する施設の建設も予定されており、プロ野球春季キャンプをはじめとするスポーツ関連産業は今後も沖縄県の重要な位置を担っていくものになるでしょう。

 

         一部2018年7月りゅうぎん総合研究所調査レポートより引用

口座開設や投資に関するご相談など

新着マネーブログ

全国空き家 最多846万戸!

「全国空き家 最多846万戸」という新聞のタイトル記事に目を引かれましたが、以前は問題視されていなかった空き家も、急激な少子高齢化と出生率の低下により、大きな社会問題となっています。それに加え新築戸数...

続きを見る
ブログ一覧

スタッフブログ

大人の勉強

こんにちは。ポケットファンディングです。今週の日曜日に第152回簿記試験があります。日々の業務を行うなかで、会社やお客様の資金を扱うにあたって基礎である簿記の知識が必要じゃないか!ということで、受験し...

続きを見る
スタッフブログ一覧

最新セミナー情報

オンラインセミナー満員御礼

平素からPocket Fundingを利用いただき誠にありがとうございます。7月開催のPocket Fundingオンラインセミナーは満員にて募集を終了とさせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。またセミ...

セミナー詳細
その他のセミナー情報