年末年始のご挨拶

年末年始のご挨拶

本年は、Pocket Fundingをご愛顧頂き誠にありがとうございました。

従業員一同、心よりお礼申し上げます。

年末年始にあたり、私、代表取締役 宮城左門及び従業員よりお客様にご挨拶を申し上げます。

 

*23番目のクラウドファンディング業者としての参入

当社Pocket Fundingは、平成29年6月に沖縄総合事務局長(金商)第10号として登録いたしました。第10号とはなっておりますが、これは約10年前に金融先物取引法が改正された際にそれまでのFX業者が金商業者となった経緯から連番で番号が付与されたからです。

実態としては、地元資本の第二種金融商品取引業者として沖縄県では最初の登録業者となります。当社が金商業者の登録申請をする、と決めたのは登録よりも約2年前の頃でした。当時いわゆるクラウドファンディング業界は未だ7~8社くらいの業者数だったと思います。それから登録まで約2年かかりました。その間に業者の数も増えて結局当社は23番目の業界参入業者となりました。

この間にクラウドファンディングの知名度は格段に上がり、国内ソーシャルレンディングだけの市場規模でも2年前と比較して約3倍の規模の1,000億円近くまで伸びています。

正直、これほどのスピードで市場が拡大するとは想像していませんでした。しかしそれでも、国内の市場規模の1,000億円程度も米国の市場規模の約350億ドル(2015年。約39,000億円)と比較しても未だ未だ小さく、今後も未だ拡大が見込める市場だと思います。

当社が登録申請を決めた2年前と、登録を完了して営業を開始した今年とを比べると世の中は大きく変化したと思います。

 

*ビットコイン、ブロックチェーン、シェアリングエコノミー、FinTech, AI, Deep Learning

2年前に当社が業界参入を決めた頃には、ビットコイン、ブロックチェーン、FinTech, AI, Deep Learning、という単語は未だ今ほど世の中に溢れてはいませんでした。しかし、昨今これらの単語を耳にしない日はないのではないでしょうか。

このような状況を見ると昔インターネットが流行り出した頃を思い出します。当時今の金商業者(いわゆる証券業界)では、1999年に手数料自由化が始まりました。同じ頃にインターネットの復旧に合わせてインターネット証券会社が幾つか立ち上がりました。その頃が黎明期でその後再編を経て今の大手ネット証券会社のグループが確立しています。

今のクラウドファンディング業界の姿も当時の様相に似ているような気がします。しかし、今のクラウドファンディング業界の姿はインターネット時代の黎明期よりも遥かに規模が大きく、そしてその変化のスピードが早いと感じています。

当時もインターネットの復旧でビジネスを含めて生活スタイルが変化して行きましたが、それは未だ低コスト、スピード化、距離感の喪失、利便性の向上、小型化、通信形態の変化、のような現象が全面に出てビジネスモデルが変化して行ったと思います。

しかし、今の時代の変化はそれよりも更に早く、そして大きな違いはその中心に人間が何かをするというような主語で物事の変化が語られていない事です。AI,Deep Learning、ロボット、というように人間以外が主語になり語られる事が多くなってきています。

ビットコイン(仮想通貨)、ブロックチェーン、これらが意味するのは中央集権的な管理から、技術の変化を通してついには通貨までオープンになってきていることだと思います。経済の要の通貨までもオープンな技術で創られてきており、経済的な価値の変化が始まってきている事だと思います。

この経済的価値の変化を生み出しているビットコイン(仮想通貨)、ブロックチェーン、の拡大の一方で、もう一つの大きな現象であるシェアリングエコノミーが拡大しています。シェアリングエコノミーにはいろいろな定義があるかも知れませんが、要するに価格(価値)决める需要と供給の関係において余剰な力がある形で相互に融通し合うことができるエコノミー(経済)ということだと思います。

このシェアリングエコノミーの一つの形態として当社で行っているソーシャルレンディングというサービスが生まれてきたのだと思います。このシェアリングエコノミーは、上記で述べたビットコイン(仮想通貨)、ブロックチェーン、AI,Deep Learning、の利点とも絡まって未だ形態を変えて進化すると思います。

 

当社はこのような時代の変化の時期にビジネスを開始できたことを大きな喜びだと捉えています。当社のような金融商品取引業者には様々な法的規制が課せられます。何事も自由に直ぐに始められる訳ではありません。

しかし、金融商品取引業ほど、ビットコイン、ブロックチェーン、シェアリングエコノミー、FinTech, AI, Deep Learning、と相性の良いビジネスも少ないでしょう。

当社は未だ開業して1年にも満たない業者ではありますが、この世の中の変化に埋没せず逆にその変化の波に乗りながらお客様に満足して頂ける投資案件のご提供、お預かりしている大事な資産の保全、お客様の利便性の向上、投資のお役に立てる情報の提供、等に従業員一丸となり来年も邁進する所存でございます。

 

末尾とはなりますが、来年もお客様にとり実り多き年となることをお祈りいたします。

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

来年も引き続きPocket Fundingをご愛顧頂きますようよろしくお願いいたします。

                                           

                                              代表取締役 宮城 左門

 

 

*平成29年の最終営業日について

平成29年12月29日が最終営業日となります。

お客様からのお問合わせ受付時間は、午前10時から午後6時までとなります。

 

*平成30年の営業開始日について

平成30年1月9日が営業開始日となります。

お客様からのお問合わせ受付は午前10時から午後6時までとなっております。

https://pocket-funding.jp/posts/detail/246

 

 

口座開設や投資に関するご相談など

新着マネーブログ

沖縄県のアパート建築の動向について

沖縄県で「アパート」と呼ばれる建物は、東京等で良く見かける木造建築物ではありません。そのほとんどがRCや鉄骨の建物であるためにイメージする外見は違います。しかし、大体が7階建てくらいの建物をアパートと...

続きを見る
ブログ一覧

最新セミナー情報

Pocket Funding オンラインセミナー開催のご案内

平素からPocket Fundingを利用いただき誠にありがとうございます。この度はPocket Fundingオンラインセミナーを下記の日程にて開催いたします。日時:4月25日 水曜日開催時間:19:00~19:45定員:5...

セミナー詳細
その他のセミナー情報