PF軍用地担保ファンド7号【一部不動産担保付】募集のお知らせ

この度、PF軍用地担保ファンド7号【一部不動産担保付】として  募集金額:2202万円を募集いたします。 

募集要項
ファンド名 PF軍用地担保ファンド7号【一部不動産担保付】
案件名 案件1 案件2
募集金額 2200万円 2万円 
期待利回り 4.9%(税引き前)
分配方式 毎月月末日分配
返済方式 一括返済
募集期間 6月20日17時00分 ~ 6月28日2時00分
貸付実行日 2019年6月28日
最低出資金額 1万円~ 
追加投資単位 1千円
運用期間 9ヶ月
最低成立金額 1万円(案件1・案件2)

 

 案件1の概要 

【詳細説明】

 

下記のファンドはリファイナンスして運用しておりましたが、法人AAと営業者間で変更同意書が締結され償還となり終了いたしました。今回、募集する案件は、下記変更同意書に基づき新たに組成された募集案件となります。

「PF軍用地担保ファンド2号」(一次募集)・案件1

「PF軍用地担保ファンド2号」(二次募集)・案件1

「PF軍用地担保ファンド3号」・案件1

【変更合意から案件組成に至った経緯】
返済財源である仕入商品の売却が予定期日より延びた為。

株式会社財全ソリューション(営業者)は法人AAに対して事業資金として、総額2,200万円の融資を実行いたしました。
今回、ソーシャルバンクZAIZEN(金商業者)は法人AAへの株式会社財全ソリューション(営業者)のリファイナンスとして、総額2,200万円を下記の要項にて募集させていただきます。

  担保有 期限前返済有 リファイナンス
資金使途 新規事業展開のための物品仕入資金となります
返済原資

毎月の利息支払いは事業収益より支払。
元金は、仕入れた物品の売買利益にて一括返済を予定しております。
※状況によっては、期限前返済の可能性もございます。
※期限前返済の場合については、利息の発生は借り手からの期限前返済日の前日までとなります。

【保全内容】
担保物件 土地8筆
担保物件地

沖縄県那国頭郡

担保設定 根抵当権(第 2 順位)
極度額3,500万円を設定
評価方法 地価公示価格・取引事例比較法
担保評価額 112,132,350
先順位額 61,700,000
貸付限度額 84,099,263
112,132,350円(担保評価額)×*75%=84,099,263
営業者貸出限度額 22,399,263
84,099,263円(貸出限度額)-61,700,000円(先順位額) =22,399,263

  *原則、担保評価の70%以内での貸付となります。

借り手資料 ・会社謄本
・公図
・不動産登記簿謄本
・取引事例参考書類
・担保不動産評価書(営業者調べ) 等
【営業者コメント】

担保物件は沖縄県本島北部の軍用地です。
沖縄県内では軍用地の取引が活発で流動性にも優れています。本軍用地は米軍のレジャー施設であることから、返還の可能性が低いので長期間借地料が入ります。よって購入希望需要が高くなっておりそれが倍率に現れています。
直近の倍率の推移は下記の通りです。

・沖縄県国頭郡
平成30年 45倍
平成31年 48倍

【担保物件コメント】

軍用地の価格は、民有地のように「坪単価×坪数」で決まるのではなく、「年間借地料×倍率」*という特殊な方法によって算出されます。軍用地の借地料は国によって算出されていますが、毎年2%上昇傾向にあり、この10年で20%も上昇しています。

過去に借地料が値下がった事は一度もありません。
また計算倍率も軍用地の人気と信用度から年々上昇の一途を辿っています。

軍用地は土地や建物の評価と違い、値下がりのリスクが非常に低く、県内外において大変人気のため流動性に関しても優れており買い手もすぐに付く可能性が高い不動産です。今回は上記の理由から評価倍率と掛け目を高くしても問題ないと判断して、ファンドを組成しております。是非、投資のご検討よろしくお願いいたします。


「年間借地料×倍率」について*

軍用地の売買は一般の土地と評価方法が違い、「年間借地料×倍率」で算出されます。
「倍率」とは、いわゆる、軍用地ごとに違う係数です。これは返還の可能性が低い軍用地ほど高くなります。
よってエリアによっては倍率が変わります。また、年度毎に借地料は見直されます。

http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/documents/2-1and2-2.pdf

上記のURLの資料のとおり、軍用地料の毎年度の推移表をアパートやホテル等と比べると判りやすいと思います。

【注意事項】※必ずお読みください。
  1. 本案件への投資は元本保証ではございません。

  2. 本案件の担保物件につきましては、貸出限度額範囲内での追加融資の可能性があります。

  3. 追加融資が実行された場合は、担保余力及び担保割合が変わります。

  4. 本案件は借り手様・営業者の都合により、状況によっては期限前返済の可能性も ございます(早期償還)
    また、期限前返済時の利息対象期間は原則、期限前返済日の前日までとなります。
    ①借り手様都合の場合、利息計算期対象期間は、借り手様が営業者へ返済した日の 前日までとなります。
    ②営業者都合の場合、利息計算期対象期間は、営業者が弊社へ返済した日の前日までとなります。

    ※投資家の皆様への返金につきましては、「早期償還のお知らせ」メールにてお知らせいたします。

  5. 本案件は借り手様・営業者間にて、契約延長等の「契約変更同意書」を返済完了日前に 締結された場合、営業者より期限前返済の早期償還 又は、最終分配日の通常償還にて お客様に償還を致します。

  6. 「ファンド概要」の案件詳細や「リスク説明」、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、十分にご理解いただき、お客様ご自身の判断にて投資を行ってください。

【注意事項】をご確認の上、投資のご検討のほどお願い申し上げます。

 

 案件2の概要 

【詳細説明】

株式会社財全ソリューション(営業者)は法人Wに対して事業資金として、総額2万円の融資を行いました。
ソーシャルバンクZAIZEN(金商業者)は法人Wへの株式会社財全ソリューション(営業者)の融資金額として、2万円を募集させて頂きます。

  期限前返済有    
資金使途 事業運転資金となります。(システム開発業)
返済原資 本事業からの返済となります。
システム開発請負代金等からの一括弁済を予定しております。
保全内容 信用貸付のため、担保はございません。
借り手資料 ・会社謄本
・印鑑証明書
・決算報告書
・貸借対象表
・損益計算書
・キャッシュフロー計算書
【注意事項】※必ずお読みください。
  1. 本案件への投資は元本保証ではございません。

  2. 本案件は借り手様・営業者の都合により、状況によっては期限前返済の可能性も ございます(早期償還)
    また、期限前返済時の利息対象期間は原則、期限前返済日の前日までとなります。
    ①借り手様都合の場合、利息計算期対象期間は、借り手様が営業者へ返済した日の 前日までとなります。
    ②営業者都合の場合、利息計算期対象期間は、営業者が弊社へ返済した日の前日までとなります。

    ※投資家の皆様への返金につきましては、「早期償還のお知らせ」メールにてお知らせいたします。

  3. 本案件は借り手様・営業者間にて、契約延長等の「契約変更同意書」を返済完了日前に 締結された場合、営業者より期限前返済の早期償還 又は、最終分配日の通常償還にて お客様に償還を致します。

  4. 「ファンド概要」の案件詳細や「リスク説明」、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、十分にご理解いただき、お客様ご自身の判断にて投資を行ってください。

【注意事項】をご確認の上、投資のご検討のほどお願い申し上げます。


次回のファンド募集の際には改めてご案内いたします。  
    
 FAQ⇒https://pocket-funding.jp/posts/faq    
    
投資案件一覧⇒https://pocket-funding.jp/funds/view   

 

 

口座開設や投資に関するご相談など

新着マネーブログ

資産拡大フェア2019出展のご報告

Pocket Funding(ソーシャルバンクZAIZEN)は2019年9月28日(土)から29日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催された『資産拡大フェア2019』に、沖縄の企業として初出展いたしました。資産拡大フェア2019」...

続きを見る
ブログ一覧

スタッフブログ

冬の沖縄 おすすめイルミネーションスポット

12月といえば、クリスマス。ここ南の島沖縄も、クリスマスの時期になると、各地でイルミネーションやクリスマスのイベントが行われています。【沖縄県北部】 沖縄美ら海水族館美ら海水族館では、毎年冬の時期は...

続きを見る
スタッフブログ一覧

最新セミナー情報

オンラインセミナー満員御礼

平素からPocket Fundingを利用いただき誠にありがとうございます。7月開催のPocket Fundingオンラインセミナーは満員にて募集を終了とさせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。またセミ...

セミナー詳細
その他のセミナー情報